葉酸サプリや婦人科治療で妊娠を目指す│不妊知らずの妊活ライフ

医者

魅力満載な診断

医者

着床前診断を産婦人科で行うことで妊娠の成功率が上昇するため、子供を産む予定がある女性にとってメリットが多いのが特徴です。しかし検査には専用の医療機器を多数使用するため、費用について数十万円以上と高額になってしまうことが多い点において注意が必要です。

詳しくはこちら

子どもを授かる成分

男女

血液の流れを整えてホルモンバランスを調節する効果のあるマカは、不妊に悩む方や子どもを早く授かりたい妊活中方にお勧めの成分となっています。マカはサプリメントで摂取することが可能ですが、利用の際には用法用量を正しく守りましょう。

詳しくはこちら

妊娠中に適した栄養

着床前診断を行なうのであれば、頼れるクリニックを見つけることが大切ですよ。こちらのクリニックがおすすめとなっています。

健やかな妊娠に葉酸が良いので、元気な赤ちゃんを産みたいお母さんはぜひコチラで紹介されているサプリを試してみてくださいね。

葉酸不足の影響

看護師

妊娠すると色々な栄養素が必要と言われますが、まず葉酸の事を産院などで聞きます。特に妊娠初期に重要視されていて、無脳症や神経管閉鎖障害のリスクを抑えることで母子手帳で葉酸を摂るようにとの記載や病院でサプリメントの摂取を薦められます。初期に注目されがちですが、長期に渡る妊娠中はずっと継続的に摂取したい成分です。不足すると赤ちゃんの成長に弊害が出たり、悪性貧血の原因になります。そのため鉄分と一緒に摂れるタイプのサプリも多いですね。葉酸は細胞分裂に欠かせない栄養素とされ、細胞分裂のコピーに失敗するリスクを抑えます。妊娠初期に無脳症を抑える働きをするといわれるのも、赤ちゃんの脳が初期の段階で細胞分裂して作られるからです。

食事とサプリで補う

妊娠中には400マイクログラムが必要とされる葉酸は、同種類の野菜数個分にも相当する量を摂取する必要があります。しかし実際には一つの食品に頼らず色々な食品から取ることができるので、毎日積極的に野菜を摂ることを意識すると良いですね。葉酸は熱に弱い特徴があるので、加熱すると2倍必要と言われています。熱を加えると見た目の量が減ったり柔らかくなって食べやすいので、2倍でも苦にはなりません。スープにして煮汁ごといただいても良いです。過剰摂取しても尿などから体の外へ出ていくだけなので心配はなく、サプリメントを摂って補助するメリットが大きいです。値段は少し高くても数か月の間の事で、赤ちゃんを育てるためと思うならできるだけ自然由来のサプリを選びたいですね。

なかなか妊娠できなくて悩んでいるなら妊活マカを試してみませんか?多くの人が満足しているサプリがこちらでわかりますよ。

不妊治療を大阪で受けて、赤ちゃんを授かりましょう!ここのクリニックがあなたを全力でサポートしてくれます。

飲むと効果的

女性

妊活をする際に特に必要な栄養素は葉酸、マカ、オメガ3脂肪酸、ビタミンEです。これらの栄養を摂取する場合、出来れば食事でとることを推奨しますが、それは難しいので、サプリを併用して摂取している人も多いです。

詳しくはこちら